ホーム >> スタッフブログ
スタッフブログ
ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第206回(03/24-03/30)★

トーキング・ヘッズ 『實況録音盤(原題:The Name Of This Band Is Talking Heads)』
WPCR000013293_72dpi.jpg

今週は発売35周年を記念して、トーキング・ヘッズの『實況録音盤 トーキング・ヘッズ・ライヴ(原題:The Name Of This Band Is Talking Heads)』をピックアップしました!

1970年代後半、ニュー・ヨーク・パンク・ムーブメントの中で登場したトーキング・ヘッズは、バンドの頭脳とも言えるデヴィッド・バーン(Vo)を中心にクリス・フランツ(ds)、ティナ・ウェイマス(b)とともに75年に活動を開始。翌年の“CBGB'sサマー・フェスティバル”で鮮烈デビュー、各方面から絶賛を浴びることとなります。

直訳で「このバンドの名前はトーキング・ヘッズ!」と題されたこのライヴ・アルバムは、1977年のメジャー・デビュー直後のライヴと、1980年の『リメイン・イン・ライト』発表後のライヴを収録した、LPでは2枚組17曲収録となるバンド初のライヴ・アルバム。ラジオ番組のためのごく小規模なライヴ音源に始まり、3,000人クラスの会場を経由し、総勢11名のパフォーマーによるセントラルパークでのライヴまで、わずか3年間でバンドが大きく成長した軌跡が残されています。そのなかに、中野サンプラザホールでのパフォーマンスも含まれていることも、日本のファンには嬉しいところです。なお今回のセール対象となっている「Expanded Version」は、16曲も追加収録され2004年にリイシューされたもので、なんと(のべ)33曲収録となっています。

1991年にバンドは解散、中心人物のデヴィッド・バーンは、貪欲にソロ作品を発表、現在はジャンヌ・ダルクの生涯を描いたオフ・ブロードウェイのロック・ミュージカル「Joan of Arc: Into the FIre」を共同制作し、絶賛上演中です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

トーキング・ヘッズ
『實況録音盤(原題:The Name Of This Band Is Talking Heads)』

デジタル・アルバム通常価格 2,700円
1週間限定(03/24-03/30)価格1,400円
ダウンロードはこちらから
http://wmg.jp/w/m/3097
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム〜今だけプライス」展開致します!

1970年代後半からNYパンク〜ニュー・ウェーヴ・シーンの最重要アーティスト達と契約し、その後「名盤」と呼ばれる事となった多くの作品をリリース、その後もメインストリームでも数々のアーティストの作品をシーンへ送り出し、成功を収めてきたサイアー・レコードが今年で設立50周年を迎えます。
そんな老舗レーヴェルのイメージを我々に決定づけたバンドの一つがトーキング・ヘッズです。

今週は、エキセントリックなデヴィッド・バーンのヴォーカルが特徴的なポップかつパンキッシュなニューウェーヴ然としたサウンドを鳴らしていた初期ヘッズとバンド・メンバー以外のゲスト・ミュージシャンを加えて大所帯となりアフロ・ファンク色が濃くなっていく後期ヘッズをライヴで楽しめる2枚組アルバムその名も『THE NAME OF THIS BAND IS TALKING HEADS』を、リリースから35周年を記念しましてご用意いたしました!

この機会をお見逃しなく!

Talking Heads / THE NAME OF THIS BAND IS TALKING HEADS  *此方の商品は輸入盤です。

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 3,190円
1週間限定(3/24-3/30)価格 2,577円

Talking Heads / THE NAME OF THIS BAND IS TALKING HEADS [VINYL]  *此方の商品は輸入盤です。

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 3,178円
1週間限定(3/24-3/30)価格 2,542円

▼ご購入はこちらから
http://shop.wmg.jp/shop/a/arml170324litalkinghe/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください

ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第205回(03/17-03/23)★

MR.BIG『リーン・イントゥ・イット』
AMCY000000236_72dpi.jpg

明後日3/19は、Mr.Bigのベーシスト、ビリー・シーンのお誕生日!
そこで今週は、MR.BIGのセカンド・アルバムにして、彼らの人気を不動のものとした大ヒット・アルバム、『リーン・イントゥ・イット』をピックアップしました。

ロック界にも超絶テクニックを持つベーシストは創生期より存在していたと思いますが、MR.BIG加入前から、ビリー・シーンは他の追随を許さないそのテクニックと個性的なサウンドやプレイスタイルによって、「リード・ベーシスト」の完成形を作り出したと言われています。

1991年発表の『リーン・イントゥ・イット』では、ギターのポール・ギルバートとビリーがドリルを使って掛け合いをする強烈なナンバー「ダディ、ブラザー、ラヴァー、リトル・ボーイ」などの話題曲も収録、キャッチーなメロディを持ったハード・ロック・グループとして日本においても絶大な支持の獲得に成功。そして、あるラジオ局のDJが掛け始めたという、バラード・ナンバー「トゥ・ビー・ウィズ・ユー」は、最終的に全米1位にまでチャートを上り詰めるトラックとなり、MR.BIGはこのアルバムで大きな飛躍を遂げました。

最近ではドリーム・シアターの初代ドラマーのマイク・ポートノイ、一時MR.BIGのギタリストを務めたリッチー・コッツェンとともにザ・ワイナリー・ドッグスを結成、2015年に2ndアルバム「HOT STREAK」をリリースし、昨年来日公演も行っています。今年初頭には、北欧の女性メタル・ヴォーカリストのMartina Edoffの作品制作に参加していることが報じられているなど、ロック一筋で忙しい日々を送っているようです。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

MR.BIG『リーン・イントゥ・イット』

デジタル・アルバム通常価格 1,600円
1週間限定(03/17-03/23)価格900円
ダウンロードはこちらから
http://wmg.jp/w/m/3095
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム〜今だけプライス」展開致します!

ベースと言う楽器の無限の可能性を今も追及し体現し続ける、超絶技巧派ベーシスト:ビリー・シーン。
今週は、そんな彼が音より速い元祖「光速ギタリスト」ポール・ギルバートと共に結成したスーパー・グループ:ミスター・ビッグによる、決してテクニック至上主義に陥ることなくポップなメロディを聞かせるオーソドックスなスタイルの「ハードロック・バンド」であると言うバンドの方向性を見事に昇華させた、最高傑作の呼び声高い『リーン・イントゥ・イット』をご用意いたしました。

この機会をお見逃しなく!

Mr.Big / LEAN INTO IT

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 1,512円
1週間限定(3/17-3/23)価格 1,210円

▼ご購入はこちらから
http://shop.wmg.jp/shop/a/arml170317libillyshee/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください

ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第204回(03/10-03/16)★

ブラー『blur』
5th_Blur_Cover.jpg

3/12は、英国を代表するロック・バンド、ブラーの2 TOPのひとり、グレアム・コクソンのお誕生日。そこで今週は、リリース20周年を迎えたバンド中期の傑作、『ブラー』をピックアップしました!

ブラーを一言でまとめると、伝統的なブリティッシュ・ロックの正常進化の理想形を具現化し、90年代前半の「ブリット・ポップ」なるムーヴメントを牽引した、と言ったところ。97年発表のアルバム『ブラー』は、そんなステレオタイプを一蹴する転機の作品であり、同時にファンの拡大にも成功したバンドのキャリアの中で非常に重要な作品です。

荒々しいグレアム・コクソンのギターと、ライヴ向けの「Woo Hoo」と叫ぶコーラスが無条件に高揚感を生むシングル「SONG 2」が、アメリカで数々のCMや、映画、ゲームなどで採用され、オルタナティヴ・チャート6位となるヒットを記録、これに牽引されアルバム『ブラー』は初のアメリカでのゴールド・ディスクをバンドにもたらしました。

2014年1月に15年ぶりの来日公演を日本武道館で行い、そして翌年、16年ぶりのブラーの新作『ザ・マジック・ウィップ』をリリース、その後大規模なツアーをおこなっていましたが、現在はブラーとしての活動は小休止。
デーモン・アルバーンはゴリラズの新作のリリースをアナウンスしていますが、グレアム・コクソンのほうは、Twitterで新しいアコースティック
ギターを手に入れご満悦な様子を投稿していました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

ブラー『blur』

デジタル・アルバム通常価格 1,600円
1週間限定(03/10-03/16)価格900円
ダウンロードはこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?22cvxYqVBw
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム〜今だけプライス」展開致します!
黒縁メガネとテレキャスターの組み合わせがロック界隈では最も似合うギタリスト:グレアム・コクソン。
ステージ上で俯き加減で黙々とプレイするグレアムの姿はフロントマンのデーモン・アルバーンとは対照的で、彼の人となりを表すにはピッタリかも知れません。
…ですが!楽曲の中での静から動へのサウンドの変化のさせ方や独特なフレージング等々、決して派手ではないですが、デーモンをして『彼は天才だ』と言わしめるアーティストです。
ポール・ウェラーやジョニー・グリーンウッド等、同業アーティスト達からのグレアムに寄せる数々の賞賛や賛辞を見ても納得ですね。

今週は、発売から今年で20周年を迎える,グレアムのカッティング・フレーズが印象的な「Song2」を筆頭に、インディー+オルタナ色を前面に出す事で宣言通り、脱ブリット・ポップを見事に果たした名盤『ブラー』をご用意いたしました。

この機会をお見逃しなく!

Blur / BLUR

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 2,654円
1週間限定(3/10-3/16)価格 2,123円

▼ご購入はこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?32cvxYqVBw

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください

ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第195回(03/03-03/09)★

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『カリフォルニケイション』
WPCR000075633_72dpi.jpg

3/5は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストとして人気を集めたジョン・フルシアンテのお誕生日!
そこで今週は、ジョンが一旦脱退していたレッド・ホット・チリ・ペッパーズに復帰し初めて発表した記念すべきアルバム、『カリフォルニケイション』をピックアップしました!

『カリフォルニケイション』は1999年発表の7作目のアルバム。ジョンは薬物中毒などが原因で92年にレッド・ホット・チリ・ペッパーズでの活動をやめていましたが、見事克服、この作品でバンドに復帰をはたすこととなりました。

この作品では前作まで以上に、個々の内面に迫った曲が多く、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストとして8年ぶリのアルバムとなったジョンの音色にも「渋み」「深み」が増しており、レッド・ホット・チリ・ペッパーズが切り開いたミクスチャーロックの、凡百のフォロワー勢から10歩も100歩も超越したレベルのロック・アルバムに完成しています。

とにかく「フルシアンテは天才である。誰も彼の世界観には到達できないのだ!」と聴けば聴くほど思い知らされる作品。1970年生まれの彼の今後の音楽活動を楽しみに、『カリフォルニケイション』を堪能してください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『カリフォルニケイション』

デジタル・アルバム通常価格 1,600円
1週間限定(03/03-03/09)価格900円
ダウンロードはこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?22cvxXsVDy
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム〜今だけプライス」展開致します!

脱退後の後任として迎えられた、敏腕ギタリスト:デイヴ・ナヴァロをもってしてもそのピースを埋める事が出来なかった…と言うRHCPバンド史上屈指の実力者であるジョン・フルシアンテ。
バンド解散説まで流れた後に、彼が電撃復帰を果たした時は俄かには信じられませんでしたが、あの4人でまたアルバムを作るのだ・・・という事に期待するなと言うのが無理な話です。
1992年のジャパン・ツアー途中での衝撃的なバンド脱退から数年を経て、2000年1月のジャパン・ツアー:日本武道館公演で観たジョンを含むRHCPの4人によるステージは今でも深く記憶に残る非常に感慨深いステージとなりました。
今週は、ジョンが見事に「復帰」を遂げてバンドが新たなチャプターへと進む事を宣言した名盤『カリフォルニケイション』をご用意いたしました。

この機会をお見逃しなく!

Red Hot Chili Peppers / CALIFORNICATION

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 1,851円
1週間限定(3/3-3/9)価格 1,481円

▼ご購入はこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?32cvxXsVDy

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください。

ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第194回(02/24-03/02)★

ミルト・ジャクソン『バラッズ・アンド・ブルース』
WPCR000025134_72dpi.jpg

今週は、ジャズ・ヴァイブの最高峰、ミルト・ジャクソンがアトランティック・レーベルからの第一弾としてリリースし、今年発売60周年となる『バラッズ・アンド・ブルース』をピックアップしました。

ブルージーなプレイを本領とする “ヴァイブの魔術師”ことミルト・ジャクソン。バラード演奏の素晴らしさは、とみに定評あるところで、そんな彼がタイトルどおり “バラード” と “ブルース” に焦点を当てたプレイを聴かせるという、彼の真髄に迫った一作。 くつろいだ雰囲気の中で、他のメンバーたちもそれぞれに実力を発揮。ミルト・ジャクソンの音楽的特質が、最良の形で描き出された好企画アルバムです。

1956年の録音とあって、マスターテープ起因のノイズは避けられませんが、デジタル技術によりS/N比をおさえたサウンドはとてもクリア、モノラル独特の量感に迫力があります。

まるで印象派の点描画のように、単音のヴィブラフォンの美しい響きが流れるようにメロディーを描き出していく様にどんどん引き込まれます。ピアノやギターも交え、短い曲をテンポよく聴かせてくれ、楽しく聴ける作品です!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

ミルト・ジャクソン『バラッズ・アンド・ブルース』

デジタル・アルバム通常価格 1,200円
1週間限定(02/24-03/02)価格600円
ダウンロードはこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?22cvxWHVEz
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム」展開致します!

ジャズ界のヴィブラフォン奏者の第一人者であるミルト・ジャクソン。
MJQでのフロント奏者としての活動は勿論、ソロ名義でも多くの名作をリリース、他アーティストとのコラボレーションも積極的に行ってきました。

オスカー・ピーターソン、ジョン・コルトレーンやウェス・モンゴメリー、そしてレイ・チャールズ等々・・・メイン・サイド問わず多くの著名アーティストと共演しておりますがそこにはMJQの音楽性とは趣を異にする、もっとシンプルでストレートな「ソウル・ジャズ」的なスタイルも垣間見る事が出来ます。

今週はバラード曲での「ムーディー」な演奏(MJQサイド)を堪能できる一方で、ブルース曲でのアドリブたっぷりの「ソウルフル」な演奏(ソロサイド)も楽しめるアトランティック・レコードでのソロ・デビュー作となる『バラッズ&ブルース』をご用意いたしました。

この機会をお見逃しなく!

Milt Jackson / BALLADS & BLUES

WARNERMUSIC DIRECT
通常ポイント:12ポイント
1週間限定(2/24-3/2)ポイント10倍:120ポイント

▼ご購入はこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?32cvxWHVEz

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください。

ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第193回(02/17-02/23)★

デヴィッド・ボウイ『レッツ・ダンス』
WPCR000080098_72dpi.jpg

日本時間で今週月曜日、ロサンゼルスのステープルズ・センターにて開催された第59回グラミー賞授賞式。
デヴィッド・ボウイのアルバム『★』が、「最優秀ロック・ソング」、「最優秀ロック・パフォーマンス」、「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」、「最優秀レコーディング・パッケージ」、「最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)」とノミネートされた5部門全てで受賞し、アデルと並び最多受賞となりました!
これまでデヴィッド・ボウイはグラミー賞を、1985年に「Jazzin’For Blue Jean」で最優秀短編ミュージック・ビデオ賞、2006年に特別功労賞生涯業績賞を受賞していましたが、音楽部門での受賞は今回が意外にも初めて。これを記念して、今週はデヴィッド・ボウイのキャリア最大のヒット作、『レッツ・ダンス』をピックアップしました!

1983年4月にリリースされたこの作品は、EMI移籍第一弾、ヒット請負人ナイル・ロジャースが共同プロデュースを努め、全英、全米No.1ヒット「レッツ・ダンス」を産み、英米でプラチナ認定を受けるセールスをあげました。1967年にデビュー・アルバムを発表し、グラム・ロック、ニュー・ウェーヴとシーンを渡り歩いたきたデヴィッド・ボウイが、新たな若いファンを獲得し、あらたなる一歩を踏み出した記念すべき作品です。

さて、一周忌を迎え、大回顧展「DAVID BOWIE is」の日本での開催など話題がつきませんが、来週土曜日より、“70年代を写した男”と称されるミック・ロックの展覧会、「DAVID BOWIE by MICK ROCK」が開催されます。デヴィッド・ボウイ作品に特化したミック・ロックの写真展で、今回が日本初の試み。“サックス・セッション”などのおなじみの作品に加えて、未公開写真も数多く含んだ約50点が一同に会す貴重な機会となります。ご興味ある方はぜひチェックしてみてください。

「DAVID BOWIE by MICK ROCK」
会期 : 2017年2月25日(土)- 3月13日(月)
開館時間 : 12:00 - 20:00(会期中無休)
会場 : VACANT(東京都渋谷区神宮前 3-20-13)
入場料 : ¥500(バッジ付き)
http://mm.wmg.jp/c.p?32cvxVVVAv
主催 : Sony Music Entertainment(Japan)Inc.
企画・制作:VACANT
広報問合先 株式会社 VACANT


「DAVID BOWIE is」も引き続き好評開催中!
会期 : 2017年1月8日(日)〜4月9日(日)
開館時間 : 10:00〜20:00
休館日 : 毎週月曜日(但し1/9、3/20、3/27、4/3は開館)
会場 : 寺田倉庫G1 ビル(天王洲)(品川区東品川二丁目6 番10 号)
毎週金曜日は21:00まで。入場はいずれも閉館1時間前まで。
※3月29日(水)は都合により17:00に閉館となります(最終入場16:00)。
料金 : 一般 2,400 円(2,200 円)中高生 1,200 円 小学生以下は無料。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

デヴィッド・ボウイ『レッツ・ダンス』

デジタル・アルバム通常価格 1,500円
1週間限定(02/17-02/23)価格1,000円
ダウンロードはこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?42cvxVVVAv
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム〜今だけプライス」展開致します!
先日開催された音楽の祭典:第59回グラミー賞(R)授賞式にて、最多となる5部門の受賞を成し遂げたデヴィッド・ボウイ。
没後1年を経た今でも、その人気や影響力は衰えるどころか更に増している様にも思えます。
今週は彼のキャリアの中でも最大のヒット作となった『レッツ・ダンス』をご用意いたしました。
更にワーナーミュージック・ダイレクトでは、特集ページにてアナログ・プレーヤーとLP盤のとてもお得なスタートアップSETを販売中です!
この機会をお見逃しなく!


David Bowie / LET'S DANCE

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 1,512円
1週間限定(2/17-2/23)価格 1,210円

▼ご購入はこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?52cvxVVVAv  

David Bowie特集ページ
http://mm.wmg.jp/c.p?62cvxVVVAv

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください。


ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第192回(02/10-02/16)★

アトランティック・スター『オール・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ』
WPCR000002502_72dpi.jpg

来週はバレンタイン!ということで今週は鉄板ラブ・ソング「オールウェイズ」を収録したアトランティック・スターの代表作、「オール・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」をピックアップしました。

アトランティック・スターは1978年にデビューした、ウェイン、デヴィッド、ジョナサンの3兄弟を中心としたバンド編成のR&B/ソウルグループ。2代目女性ボーカル、バーバラ・ウェザーズ在籍時にワーナーに移籍、その第一弾として1987年に「オール・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」はリリースされました。

ド直球なラブ・ソング「オールウェイズ」は、3兄弟によって書かれた曲で、見事グループ初の全米No.1を獲得。R&Bシーンにとどまらないライターチームであることを証明し、この奇跡の1曲は30年を経た今も、結婚式に欠かせない曲として定着しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

アトランティック・スター『オール・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ』

デジタル・アルバム通常価格 1,600円
1週間限定(02/10-02/16)価格900円
ダウンロードはこちらから
http://wmg.jp/w/m/3083
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム〜今だけプライス」展開致します!
1976年のデビューから、大所帯のブラス/ファンク期〜ディスコファンク期〜R&B/ブラコン路線期と時代と共に変遷を遂げてきたアトランティック・スター。
今もなおここ日本でも根強い人気を誇る彼らの人気を決定づけたのは、初の全米シングルチャート1位を獲得した大ヒットシングル、ラヴ・バラードの名曲でもある「オールウェイズ」ですね。
結婚式披露宴でのBGMとして、もはや鉄板曲として御馴染みですが、今回はシングルの大ヒットを受けて全米でプラチナ・アルバムに輝いた1987年発売のアルバム『オール・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ』をご用意いたしました!

この機会をお見逃しなく!

Atlantic Starr / ALL IN THE NAME OF LOVE

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 1,851円
1週間限定(2/10-2/16)価格 1,481円

▼ご購入はこちらから
http://shop.wmg.jp/shop/a/arml170210liatlstar/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください。


60sガレージ・パンク、サイケを集めたパティ・スミス・グループのレニー・ケイ選曲の画期的、歴史的コンピレーション『ナゲッツ』の日本盤初CDが好評発売中 (1600円+税)です。『オリジナル・ナゲッツ』のスピリットを継承した日本編集による『ナゲッツ Vol. 2』『ナゲッツ Vol. 3』も同時にリリース。その監修者である伊藤秀世さんは「随分と昔、レニー・ケイと会って話したとき、“Nuggets” を聴いて人生が変わった――くらいの、いささか大仰な賛辞を投げかけたら、そう言われたのは君で100人目だと笑って返された」とライナーノーツで書いています。その伊藤さんの曲解説をほんの少し・・・
http://wmg.jp/artist/nuggets/


7 And 7 Is / Love (Elektra EK-45605 / July 1966)
Written by Arthur Lee, Produced by Jac Holzman

Love.jpg

偶然にもロサンゼルスで出会った、共にメンフィス生まれのリーとニコルズとの黒人少年ふたりは、様々な方向性を模索しながら、1963年に、まず、アーサー・リー&ザ・L.A.G.s 名義の ‘The Ninth Wave’ (Capitol) を、また、1964年にはジ・アメリカン・アメリカン・フォー名義の ‘Luci Baines’ (Selma) を発表。1965年にマクリーンらと合体し、ラヴとしての本格的な活動を開始させ、1966年、‘My Little Red Book’(全米第52位)のデビュー・ヒットに続いて発射されたのが、この強力なセカンド・シングルであった。本A面曲は、第33位まで上昇した最大のヒット、なおかつ、アリス・クーパーやラモーンズ、ラッシュらによってもカヴァーがなされた大有名曲なれど、アルバム未収録であり、何よりリーの若きフラストレイションと特異な表現法とが真っ直ぐに映し出されたパンキッシュな一撃ゆえ、是非押さえておこうと。ちなみに、エレクトラ期のラヴの作品が、即時、日本で紹介されたのは、この ‘7 And 7 Is’ と ‘My Little Red Book’ とのカップリングによる、ビクターからのシングル1枚のみ。しかし、1967年に通算3作目のアルバムにあたる畢生の名作 “Forever Changes” (Elektra) を生み出して以降、次第にその活動は尻すぼみとなる。晩年のリーは、投獄などによって精彩を欠き、ソロ・ワークとラヴ再編とを何度も繰り返しながら、2006年に白血病がもとで波乱の生涯を終える。まだ61歳の若さであった。
                       ー 伊藤秀世


こちらの楽曲が収録されている『オリジナル・ナゲッツ』は只今絶賛発売中です!
『Nuggets:Original Artyfacts From The First Psychedelic Era 1965-1968 / オリジナル・ナゲッツ』
WPCR-17537%20Original%20Nuggets.jpg
発売日:2016年12月21日
価格:\1,600(本体)+税
規格番号:WPCR-17537
http://wmg.jp/artist/nuggets/WPCR000017537.html


ワーナー洋楽デジタル・アルバムのウィークリーセール♪
題して「【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!
★第191回(01/27-02/02)★

ジョー・サンプル『サンプル・ディス』
093624657224.jpg


2/1はジャズ/フュージョン界屈指のピアニスト、ジョー・サンプルのお誕生日。
そこで今週は、発表20周年となるアルバム、『サンプル・ディス』をピックアップしました。

1961年に「ジャズ・クルセイダーズ」のピアニストとしてメジャーデビュー、ランディ・クロフォードがヴォーカルでフィーチャーされた
『Street Life』のヒットなどありましたが、1988年に解散。同年ワーナー・ブラザーズとソロ契約を結び、6枚のアルバムを残しています。

97年発表の『サンプル・ディス』は、彼の代表曲の数々をリメイクした作品。ソロ第1弾となるアルバム『虹の楽園』の表題曲で始まり、「ストリート・ライフ」や「プット・イット・ホエア・ユー・ウォント・イット」などクルセイダーズでの楽曲も含む全15曲74分というボリュームで構成されており、聴き応え十分。ジョージ・デュークによるプロデュースと隠し味程度のシンセが、シンプルなアンサンブルながら立体感と透明感を感じる美しいサウンドに仕上がっています。リズム隊はスティーヴ・ガッド/マーカス・ミラー チームと、レニー・カストロ/ジェイ・アンダーソン チーム。ギターはディーン・パークス、M2「アイム・カミング・バック・アゲイン」ではダイアン・リーヴスが美声を聴かせ、M9「スノーフレーク」のアルトサックスはエヴァレット・ハープが、M10「イット・ハプンズ・エヴリデイ」のフルートはヒューバート・ロウズが担当し、印象的なソロを聴かせています。

「これがジョー・サンプル」だ!とのタイトルどおり、熟成を重ねてきた愛すべき楽曲たちを、自身の長い音楽キャリアを通じて到達した解釈で再構築した作品。全体的にゆったりとしたトーンにまとめられ、テクニカルなピアノとフェンダーローズの響きは押し付けがましくなく味わい深く、知らず知らずのうちに聴き入ってしまいます!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【Warner Music Life】今週の特選アルバム〜今だけプライス!

ジョー・サンプル『サンプル・ディス』

デジタル・アルバム通常価格 1,600円
1週間限定(01/27-02/02)価格900円
ダウンロードはこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?22cvxU9Vql
(PC/iOS → iTunesへジャンプします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週もフィジカル作品も「特選アルバム〜今だけプライス」展開致します!
高度な演奏技術に裏打ちされたファンキーかつ軽やかなタッチで奏でるピアノから、多くの美しいメロディーを生み出し長年の間JAZZ・FUSIONファンを魅了し続けたジョー・サンプル。
今回はリリースから今年で20周年を迎える、新録ベスト盤とも言える自らの作品群を「セルフカヴァー」した1997年発売のアルバム『サンプル・ディス』をご用意いたしました!

この機会をお見逃しなく!

Joe Sample / SAMPLE THIS

WARNERMUSIC DIRECT
CDアルバム通常価格 1,080円
1週間限定(1/27-2/2)価格 864円

▼ご購入はこちらから
http://mm.wmg.jp/c.p?32cvxU9Vql

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※セールは諸事情により予告なく終了する場合もございます。
ご了承ください。

60sガレージ・パンクを集めた画期的コンピレーション『ナゲッツ』の日本盤初CD好評発売中 (1600円+税)。監修・選曲者、レニー・ケイ(パ ティ・スミス・グループ)の曲解説をご覧ください。本日は若さと危うさ、そして過激性を備えもった一発ヒット、キャスタウェイズの「ライアー、ライアー」です。
http://wmg.jp/artist/nuggets/
                 
    
LIAR, LIAR / THE CASTAWAYS

Liar_Liar.jpg

キャスタウェイズの場合は絵に描いたようなアメリカン・ロックンロールのサクセス・ストーリーで、ここで語るにまさにうってつけのグループだ。ミネアポリス出身の彼らは本人たち曰く、仲間を楽しませたり、遊びのつもりでグループを結成したという。そんな彼らに突如全米ヒットが転がり込んだ。「ライアー、ライアー」は1965年夏に最高位12位を記録。だがそれを最後に彼らは姿を消し、唯一残されたのはメンバーの名前だけだった。ロイ・ヘンズレー19歳はリズム・ギター、18歳のリード・ギターはボブ・フォルショー、ドラムのデニー・“ラディッグ”・クラスウェルは18歳。そして“キャスタウェイズお得意のエレピとオルガン奏者”ジム・ドナは20歳で、この曲の作詞作曲を手がけたのは彼である。
                   - レニー・ケイ


こちらの楽曲が収録されている『オリジナル・ナゲッツ』は只今絶賛発売中です!
『Nuggets:Original Artyfacts From The First Psychedelic Era 1965-1968 / オリジナル・ナゲッツ』
WPCR-17537%20Original%20Nuggets.jpg
発売日:2016年12月21日
価格:\1,600(本体)+税
規格番号:WPCR-17537
http://wmg.jp/artist/nuggets/WPCR000017537.html

アーカイブ

すべてのエントリ